自毛植毛は薄毛に悩む人の強い味方|手術ですぐにでも増毛できる

笑顔の男性

規則的な生活を送ろう

育毛サイクル

性差による対策の違い

男女の悩みとして何時の時代も薄毛というものが挙げられます。実はこの薄毛というものは、男女によって対策が異なる場合があります。それは遺伝の場合です。薄毛というのは男性ホルモンと女性ホルモンが深く関わって起こる現象です。男性の場合はテストステロンという男性ホルモンが特定の酵素と結びつき、ジヒドロテストステロンに変化することで薄毛になるのです。この場合はこの「特定の酵素」が発生しないように対策をします。女性の場合はエストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンが髪の毛の育成に作用を及ぼしています。そのため、これら2種のホルモンを増やすような対処をするのです。こうした性差による薄毛対策の違いには注意が必要です。

規則正しい生活で解決

遺伝的な薄毛の場合は上記のような対策を男女ごとに行うことになります。ですが、そうではない場合も多くあるのです。生活習慣が不規則であれば薄毛になる可能性があります。ホルモンと言うのは普通の生活周期では正常に分泌されますが、不規則な生活をしている場合にはどのような影響があるか分かりません。男女共にホルモンの分泌と生活環境というのは左右されるものです。女性の生理不順なども女性ホルモンの分泌異常が引き起こすものなのです。こうしたホルモンバランスを整えるにはとにかく規則正しい生活をするということです。そういった態度が最も薄毛に効果があるのです。逆に言えば、不規則な生活は薄毛の大敵と言うことができるのです。