自毛植毛は薄毛に悩む人の強い味方|手術ですぐにでも増毛できる

男性

発毛はどこまで可能か

医者

薄毛の原因は色々あるので薄毛治療は独断で行わず、医師の診断を受けることが近道です。髪は皮膚の変化したものなので皮膚科で薄毛治療行っています。最近の皮膚科は予約制が多いのでまずは通いやすいクリニックを探して電話してみましょう。

Read More

薄毛の悩みに応える切り札

医者

確実に蘇る髪の毛

薄毛治療を受ける方にとって、植毛は最も確実に頭髪を再生できる方法です。中でも自毛植毛は自分の毛を植えるためアレルギーもなく、人工毛に比べて高い定着率を誇っている素晴らしい方法です。自毛植毛するにはグラフトを採取して移植する手術が必要になります。今は手術方法も進化し、5時間程で終了し、入院の必要もなく当日に帰ることができますので、週末などを利用すれば生活に支障をきたす心配もないでしょう。ただし、自毛植毛は後頭部などの比較的毛がしっかり生えている所からグラフトを採取して移植しますので、あまり薄毛が進んでしまっていると、手術ができません。また、手術後いったん植えた髪が抜け、それから新しい髪が生えますので、毛が抜けても慌てることのないよう注意しましょう。もしかして最近、ちょっと地肌が、そんな心配が頭をもたげたら、自毛植毛を検討してみませんか。

時代はこれを求めている

アレルギーなどの心配もなく、髪が再生した後には元からそこに生えていたかのように扱え、しかも元々自分の髪の毛ですから違和感がない、自毛植毛はまさに薄毛に悩んでいる方にとっては救世主的な存在でしょう。しかし、自毛植毛にもいくつか問題があります。自分の頭髪から採取しますので、あまり広範囲に採取する、というわけにはいきません。1回の手術で移植できる量が制限されてしまうのです。また、薄毛そのものが根本的に治療できるというわけではないので、例えば移植後に薄毛の症状が進むと、やはり髪が抜けてしまう恐れがないとは言えません。今後はこうした点を踏まえて、より広範囲な手術が可能な方法が開発されていくのではないでしょうか。そして、自毛植毛と同時に薄毛治療も並行して効果的に行うというやり方が、進められていくことでしょう。新しい時代、もはや薄毛という症状はこの世から消滅している、そんな日が来ることを期待させてくれる施術、それが自毛植毛手術です。

規則的な生活を送ろう

育毛サイクル

男性ホルモンと女性ホルモンは薄毛と深く関わっています。男性の場合はテストステロン、女性の場合はエストロゲンとプロゲステロンというホルモンが薄毛に関係しているのです。これらのホルモンバランスは不規則な生活によって壊れてしまいます。薄毛を解決するためにも規則的な生活を心がけましょう。

Read More

髪を育てる育毛剤

シャンプー

アミノ酸などの様々な栄養素を含む有効成分により、育毛や発毛効果が期待できる育毛の恵は、薄毛などの原因となる男性ホルモンの関わりに着目し、女性にも人気のプラセンタを配合してホルモンバランスを整えてくれる点でも評価を高めています。

Read More